読み手の心をつかむ プロフィールの書き方

アフィリエイト

読み手の心をつかむ プロフィールの書き方

ブログアフィリエイトで稼いでいる方ほど、プロフィールページに力を入れています。

プロフィールと聞くと、自己紹介的な意味合いが強いように思いがちですが、重要なアピールの場でもあります。

ネット上の情報というのは、「読み手が離れやすい媒体」と言われています。

なぜなら、無料で見ることができるから、いつ見るのをやめてしまっても大丈夫!という心理が働くんですね。(僕はこれを「もったいなくない精神」と呼んでいます)

できる君


もったいなくない精神!

エイトちゃん


確かに、ほしい情報がなかったらすぐ閉じてしまうわね。

例えば書店で1500円の自己啓発本を買った場合はどうでしょうか?

「1500円もかけたのだから、値段相応の知識を得なければもったいない!」

と考え、完読する人がほとんどではないでしょうか。

その点、ネットの情報は読み手にノーリスクで情報を与えられるため、読み手としてはいつ読むのをやめてももったいなくない、情報の発信元(書き手)としては、「読み手を飽きさせない工夫」が必要になるわけです。

・プロフィールページは読者さんが高確率で見るページ

突然ですが、あなたは他の方のブログを読んだことはありますか?

……愚問でしたね笑 今、このページを読んでいただいている時点で、あなたは「他の人のブログを読んでいる」状態ですね。

できる君


読んでくれてありがとう!

僕の拙いブログで感じ取っていただくのは難しいかもしれませんが、他の方のブログを読み進めたとき、ふとこういったことを考えませんでしたか?

「この記事を書いているのは、どういう人なんだろう?」
「どういう経験を経たら、こういう情報を発信できるのだろう?」

こういった心理にダイレクトに直結するのが、プロフィールページです。

仮にあなたがブログを運営していたとして、あなたの書く記事に心動かされた人は、かなりの高確率で、「あなたという人間」を知りたくなります。

そのためにも、プロフィール記事に力を入れ、いつでも私を知ってくださいね!という体制を整えるわけです。

例えるなら「自分のお部屋」のようなものですね笑

普段から散らかしっぱなしだと、いざ意中の人が来るとなったときに大変な思いをしますよね。

いつでもWelcome!なプロフィールページを整えたいですね。読者さんは恋人です。

ちなみに僕のプロフィールページは以下です。安曇ゆきってどんな人間だろう?と気になりましたら、見ていただけると幸いです。

・プロフィール画像は顔出し不要、本名公開もいりません!

プロフィールページでまず読者さんの目に入るのはプロフィール画像です。

読み手にとっては「どんな人間か?」を知るためにプロフィールページを訪れているので、このプロフィール画像は重要です。

とはいっても、「顔出し、本名公開は嫌だなあ」という方が多いかと思います。

エイトちゃん


インターネットでの個人情報の開示は怖いわ…

ご安心ください。顔出し、本名公開は不要です。むしろ、現代社会では顔出しや本名公開が非常に危険です。リスクを避けるためにも顔出しや本名公開は行わず、プロフィールページを作ってみましょう。

ノウハウは本記事中でお教えしますのでご安心くださいね。

・プロフィール画像はどんな画像を選ぶべき?

先程は顔出し不要と書きましたが、ではどんな画像を設定するべきでしょうか?

まず、可能であれば「ご本人の写真」が好ましいです(横顔、後ろ姿、遠方からの写真でもOKです)

それが難しいようであれば、アバター画像や、僕のように似顔絵を設定するというのも手段ですね。

できる君


ゆきさんは丸眼鏡が特徴だね。

反面、避けたいものとしては、動物や景色など「当たり障りのない画像」です。

ネットという媒体の特性上、読み手としては「その人が本当に存在するのか」の確認ができません。

そのため、書き手の存在感や温もりが感じられる画像をチョイスするべきです。

・プロフィール記事にはどんなことを書いたらいいの?

プロフィール画像を設定したら、お次はプロフィール記事を書いてみましょう。

しかし、プロフィール記事といっても、趣味や最近やったゲームの話など、自己満足的な内容に傾いてはいけません。

できる君


あわわわ…じゃあ、何を書けばいいの?

書くべきなのは、あなた自身のことです。

読者さんとしては、あなたのことを知りにプロフィールページまでたどり着いたわけですから、当然ながらあなたの人となりを知りたいのです。

あなたの経歴、価値観、信条や今後の目標など…

「自分はこういう人間なんだ!」という思いを全面に押し出した内容にしましょう。

遠慮する必要はありません。なぜならプロフィールページを見ているということは、その人は「あなたの書いた記事に惹かれ、あなたという人間に興味を持った人」なのです。

・プロフィール記事を見に来る人の「前提」から変える

「プロフィール記事を読む人」というのは「書き手であるあなたに興味がある人」です。

そのため、プロフィール記事を読む人の前提を

「不特定多数の人」

から

「あなたに興味を持ってくれた人」

へと変える必要があります。

当たり障りのない文章を書くべきではありません。読者さんは「あなたにしか書けない文章」を読みたいのです。

どうしても日本人は、自分の考えや意見を表に出すのは苦手なものです。

しかし、ここに集まっているのはみんな「あなたの考えや意見を聴きにきた人」と考えれば、少しは気が楽になるのではないでしょうか。

まずは、あなたが思うあなた自身をメモにでも書き出してみましょう。(紙のメモです)

実は「書く」という行為は脳に貯まった情報を整理するのに非常に効果的です。かく言う僕も、なにか悩んだり迷ったりしたらとりあえず「書く」ことにしています。

そうして書いたメモをもとに、プロフィール記事を作成してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、プロフィール記事の作成がきっかけで、自分が知らなかった(目を向けいなかった)自分のいいところが見つかるかもしれませんね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いかがだったでしょうか?

ブログにおけるプロフィールページは、重要な自己アピールの場です。

また、アフィリエイトで稼ぐ上でも、「リピーターの構築」という重要な役割を担います。

単なる自己紹介文で終わらせるのは、非常にもったいないので、ぜひ力を入れて作成してみてくださいね。

まとめ

プロフィールページは読者さんが高確率で訪れるページです。
プロフィール画像は、無難なものは避け、あなたの存在感が感じられるものにしましょう。
プロフィール記事は単なる自己満足ではなく「あなたがどんな人間か」知ってもらうつもりで書きましょう。
プロフィールページを見ているのは「あなたに興味を持ってくれた人」です。
無難な内容ではなく、あなたの言葉、あなたの文章を書きましょう。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント

  1. […] […]