意外と単純!アフィリエイト知識の深め方

アフィリエイト

意外と単純!アフィリエイト知識の深め方

いざ、アフィリエイトを始めようと思うと、「何から始めればいいの?」と思うことでしょう。僕もそうでした。

何から始めればいいのか。ズバリ「メンター(指導者)を探すこと」ではないでしょうか。

できる君

お師匠様を探すってことか…

しかしながら、誰彼構わずノウハウを拝借するのは、賢いやり方とは言えません。アフィリエイト知識のメンター探しについて、一緒に勉強していきましょう。

・アフィリエイトのメンターはたくさんいる!

世の中とは広いもので、どういった事柄であっても先達の方がいるものです。

どれだけニッチなワードで検索をかけても、それに関連するサイトが出てくるのは、やはりその道に長けた方が世界のどこかにいるからです。

 

私事ですが、先日、小麦アレルギーの彼女に食べさせるために、米粉パンの作り方を学んでいました。情報の収集元はインターネットです。

僕はパンといえば、オーブンだとかホームベーカリーで焼くのが当たり前だ思っていたので、どちらも持っていない僕は「うちじゃ作れないよな…」としょぼくれていました。

しかし、どうしても彼女にパンを食べさせたいと思い、ダメ元で「米粉パン オーブン 使わない」だとか、「米粉パン フライパン」などで検索したところ、我が家の設備でも作れそうなレシピを発見できたのです!

後日、そのレシピを参考に、無事米粉パンを振る舞ったのでした。

できる君

あの〜、そろそろ本題を…

…と、僕の個人的な話が長くなりましたが、要は「アフィリエイトで生活できるレベルで稼いでいる人はたくさんいるんだよ」というお話です。汗

つまり、単純にそういった方たちを手本にし、知識を深めればいいのです。

エイトちゃん

なんだか当たり前のような内容ね。大丈夫?

大丈夫です。ではここからは、メンター探しについてさらに掘り下げていきましょう。

・手本とするべきメンターの見つけ方

アフィリエイトという分野のメンターは、世の中にたくさんいるということは、アフィリエイトに興味を持たれた方なら、ご存知であるかと思います。

これからアフィリエイトを始めたい!という場合、やはり情報の収集元はそういった方たちの発信する情報です。

できる君

その人たちは実際に稼げているわけだしね。

ここで重要になるのは、その中で「誰をメンターとして設定するべきか」です。

「アフィリエイトで月収300万円突破!」と謳っていても、その人の実際のブログは中身がなかったり、というような「自称稼いでるさん」はもちろん除外しましょう。

しかし、正しい方法で稼いでいて、なおかつ信頼できる情報を発信している方と絞っても、数多くいらっしゃいます。

そこで、メンターとして設定するべきかどうかは、その方の執筆物(ブログや書籍)を読んで、フィーリングで決めてください。

できる君

フィーリング??

ここで言うフィーリングとは、人間的な相性のようなものです。

その人の書く文章を読んで、「あ、なんか好きだな」とか「この人の考えに触れてみたいな」と思えればそれだけで選んでOKです。

なんだそれだけか、と思われるかもしれませんが、これは非常に大事なことです。なぜなら、学びの成果は、教える側教えられる側の人間的な相性に左右されるからです。

学生のとき、なんだか好きな先生っていませんでしたか?(恋愛的な意味じゃないですよ)

その先生が好きだと、その先生の授業が楽しみになります。そして、その先生が担当している教科そのものが好きになり、どんどん勉強するようになります。

これと同じ体験を、これからアフィリエイトを始める人にも味わってほしいんです。

・メンターを決めたら、メンター以外からの情報は仕入れない

一度メンターを決めたら、そのメンター以外からの情報は目に入れにようにしましょう。

※PCやサイト作成ツールの基礎知識は例外です。どんどん調べましょう。

アフィリエイトと一口に言っても、その手法にはいろいろな種類がありますし、その中でも細かい技術となると、十人十色の個性が出てきます。

一度メンターと設定した方以外の情報や技術を取り入れると、ズレが生じて本来得られるはずの成果が得られなくなってしまう可能性があります。

そのため、一度メンターと定めた方以外の情報は、シャットアウトし、メンターを手本に知識を深めていきましょう。

エイトちゃん

浮気はだめってことね!

まとめ

アフィリエイト知識を深めるためには、手本となるメンターを設定しよう
メンターを設定する場合は、フィーリングで選ぶべし
メンターを設定したら、その方以外からの情報はシャットアウトするべし

 

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント