あなたのブログの最初のファン

マインド

あなたのブログの最初のファン

ブログアフィリエイトをする上で、リピーター読者さんを増やし、ファン化させるのは重要な要素です。

そのためには、当然ながら読者さんが関心を持つ記事を書かなければなりません。

例えば新規の読者さんが最初に閲覧したページが、読者さんにとって興味のないものだった場合、その読者さんが他の記事を読む可能性はグッと低くなります。

そうなれば、読者さんは直帰(あなたのブログを1ページ閲覧して閉じる)してしまい、ファン化するのは難しいでしょう。

要するに、どこを入り口としても良いような記事づくりをする。ということが必要となるわけですね。

ファン獲得のメリット

↑これはシーリングファン。こっちのファンではありません!

特にブログを始めたての方にお聞きしますが、自分のブログに固定ファンがついたとしたらどう思いますか?

…当然、嬉しいですよね!

精神面では「自分の書いた記事が誰かの役に立ったんだ!」という喜びが得られますし、

行動面では「ファンがついてくれたのだから、ファンのためにも良い記事を書こう!」というモチベーションの向上にもつながります。

これが1つ目のメリットで、ファン獲得はあなたの意欲向上につながるんですね。

また、ファンとなってくれた読者さんは、あなたという人間そのものに強い関心を持ちます。

記事を読んで、その記事が読者さんにとって良い記事だったとしたら、「この記事を書いている人はどんな人なのだろう?」と関心の対象が動き、あなたという人間像を知り、あなたを信頼します。

そうすることで、あなたが紹介した商品が売れるようになるわけです。

これが2つ目のメリット、成約のしやすさにつながということですね。

このように、読者さんをファン化させるということには、とても大きな意味があることをお分かりいただけたでしょうか。

ファン獲得のためには

前項では、ファン獲得のメリットをお話しましたが、そもそもファン獲得のためには何をするべきでしょうか?

その答えは単純で、良い記事を書き続ければいいのです。

…そんな難しいことを??

と思われるかもしれませんが、まさしくそのとおりです。

良い記事を書き続けるというのは、口で言うほど容易いことではありません。

ましてや、インターネットという読み手の離れやすい媒体で、読者さんを掴んで離さないコンテンツというのは作りにくいものです。

そのため、良い記事を書くために何をするべきか?とマインドセットし、行動に移していきましょう。

あなたのブログの最初のファンは…

良い記事を書くためにするべきこと、それはファンの獲得です。

…いやいや!矛盾してるよ!!

と思われたかもしれません。まさしくそのとおりです。

ファン獲得と良い記事づくり、これらは一種のジレンマを抱えた関係なんです。

ファン獲得のためには良い記事を作らなければいけない。

良い記事を作るためにはファンを獲得しなければいけない。

こう表現すると、もう何をしていいのかわからなくなりますよね。

ですが、ご安心ください。

このジレンマを解消する唯一の方法があります。

それは、あなた自身が最初のファンになることです。

あなたのブログの最初のファンは家族でも友達でも恋人でもなく、あなた自身であるべきです。

なぜなら、あなたのブログに無償の愛を注げるのは、あなたしかいないからです。

仮にあなたが、どうにも自分のブログを愛せず、つまらない記事だな…と思いながら発信したとしたらどうでしょうか?

それを読む、読者さんの目にもつまらない記事として映ります。

読み物というのは不思議なもので、その読み物を通して書き手側の心情が読み取れるんですね。それがどんな媒体であってもです。

あなたが高いモチベーションを保ち、記事づくりをすることで、読者さんにもその情熱が伝わります。

そのためには、まずあなた自身が自分のブログを愛する必要があるんですね。

↑これはCPUファン。こっちのファンでもありません!

具体的に何をすればいいか

自分のブログを愛するには、具体的に何をすればいいのでしょうか?

答えは単純、自分の書いた記事を読んでニヤニヤする時間を作ればいいだけです!

やはり自分が苦労して書いたものには愛着がわくもの、なんの思い入れのないはずがないのです。

ですので、良い記事を書くためにはまず、あなた自身であなたの記事を読み、褒めてあげてください。

これは実際に稼げているアフィリエイターさんやブロガーさんが実践している手法です。

あなたのブログの最初のファンは、あなた自身です。

まとめ

ファン獲得はメリットがたくさん!
ファン獲得のために、良い記事を書くこと!
良い記事を書くためには、あなた自身が最初のファンになること!

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント