労働者が人生をコントロールする唯一の方法

マインド

皆さん、日々のお仕事お疲れ様です。

働いていると、いろいろなことがありますよね。良いことも悪いこともです。

上司に理不尽なお叱りを受けたり、顧客や取引先に無茶な注文をされたり、職場内の人間関係がうまくいかなかったり…

挙げだすときりがないですよね。

良いことも悪いことも50:50くらいで来てほしいものですが、実際はそうはいきません。

仕事が辛い、そもそも生きるのが辛い…

そんな苦悩に終わりはあるのでしょうか…?

苦痛の原因を考える

僕も現在は外資系企業のサラリーマンなのですが、僕らのような労働者階級の苦痛の元とは何でしょうか?

上司?同僚?顧客?

なるほど、間違いではありませんね。

ですが、最も根源的な部分は人間ではなく、お金です。

お金こそが、僕らを苦しめる根源なんですね。

ちょっと何言ってるかわからない…

という人のために説明しますね。

僕らは生きる上で、様々なものをお金と引き換えに得ています。

・生活に必要なリソース(電気、ガス、水道、住宅など)
・娯楽のためのもの
・医療費
・洋服や雑貨

など、お金と引き換えに得ているものはいくらでも挙げられますね。

つまり、僕らがいきていく上ではお金が必要であり、お金を得るためには働かなければなりません。

当たり前のことですが、この事実こそが僕らを苦しめるのに一役買っているんですね。

お金を得るため、嫌なこと苦しいことに耐え働かなければならない。

こうした考え方が生まれ、根付いてしまいます。

これは、人生を豊かにする上では非常に危険な思想です。

 

労働者が苦痛を取り除くためには

先ほど説明した、労働者が抱える苦痛を取り除く方法は単純です。

苦痛を感じずに収入を得ること

これが唯一無二の解決法です。

…聡明な読者さんであればお気づきでしょうが、これは言葉にするほど容易いことではありません。

まず、社会に出て自分以外の人間と関わる以上、苦痛は避けられません。

そのため、苦痛を感じずに収入を得るのは、不可能に見えます。

ですが、ちょっと視点を変えてみましょう

今、あなたは別のフィールドへ労働の場を移す、いわゆる転職という選択肢を思い浮かべていることかと思います。

それもまた正解の一つです。

あなたを苦しめる要因が、その職場であることが明らかであるなら、転職をすることで苦痛は取り除かれるでしょう。

しかしながら、僕の提案は違います。

労働者の苦痛を取り除く方法、それはビジネスを所有するということです。

ビジネスの所有というとあまりピンと来ないかもしれませんが、マンションなどの不動産の所有と考えていただいて差し支えはありません。

要は、こちらが何もしなくても収入を得られるものを所有するという考え方ですね。

本業以外の収入源を持つことで、金銭的なメリットはもちろん、軌道に乗ればある程度安定した収入を得られるため「仕事なんていつ辞めてもいいや!」と思える精神的なメリットも得られます。

しかしながら、僕はここで「不動産投資しようぜ!!」というつもりは毛頭ございません。

ここでお話するビジネスの所有とは、アフィリエイトなどのネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスの利点は、なんと言っても始めやすさです。

始めるにあたっての金銭コストは、どれだけ高くても5万円ほどで、不動産投資の1/1000程の金額です。

その性質上、在庫を持たなくてもいいので在庫管理にリソースを費やす必要もありません。

まさにパソコン一台で始められるビジネスなのです。

 

まずは知識を得るところから

今はとても便利な時代で、ありとあらゆる情報がインターネットで得られるようになりました。

もしあなたが、ネットワークビジネスに興味をもったのであれば、まずは情報収集を始めることからおすすめします。

しかしながら、どんな人であっても情報を発信できることが災いし、嘘の情報もまた存在しています。

嘘か真実か見極める眼も必要になります。その場合は、その人の成果物(サイトやブログなどその人が書いたもの)を読んでみましょう。

世の中には一銭も儲かっていないのに稼げている人「自称:稼げてるさん」がいるので、きちんと成果物を読み、説得力のある文章だと感じたのであれば、その人の情報を追うようにしましょう。

インターネットの世界では、誰もあなたを守ってくれません。

情報の正誤は、きちんと見分けられるようにしましょうね。

なお、このブログ上でもネットワークビジネスの一つである「アフィリエイト」について、入門用の記事を掲載しております。もしよろしければ参考にしてみてくださいね。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント

  1. […] […]