【WordPress】「モデレートしてください」の対処法

PC基礎知識

【Wordpress】「モデレートしてください」の対処法

WordPressでブログを書いていて、記事内に自分が書いた別の記事のリンクを貼り付けることがあるかと思います。

また、シリーズや続き物の記事の場合は、その記事と関連性のある記事のリンクを貼ったりもします。

この手法は、ブログの滞在時間を長くし、直帰率を減らすために用いるものですが、自分の書いた記事のリンク(内部リンク)を貼り付けると、以下のような件名のメールが届きます。

「[◯◯◯(※自分のブログ名) モデレートしてください」

そもそもこのメールってなんなの?

このメールはざっくり言うと「あなたのブログにコメントが書かれました。承認するかゴミ箱に入れてください」という意味です。

そのため、基本的にはこういったメールが届いたら承認するorゴミ箱で構いません。

一つ一つ選んでいくのは面倒なので、まとめて処理する方法をご案内しますね。


①Wordpress管理画面にログイン
②左側メニューからコメントをクリック→コメントのチェックボックスをクリックしてチェックを入れる
③「一括操作」のプルダウンから任意の操作を選択して「適用」ボタンをクリック


この手順で一括操作ができます。

ピンバックについて

例えばあなたが記事内に他のサイトのURLを貼ったときに、そのサイト(URLを使わせてもらった他サイト)の管理者に、「あなたのサイトのURLを使わせてもらいましたよ」という通知が行われます。これをピンバックといいます。

ピンバックが承認された場合は、URLを使わせてもらった他サイトのページ下部に「あなたのサイトのURL」が表示されます。

これにより双方のサイト上に双方のURLが表示された状態となり、SEO効果(WEB上の露出機会が増え、読者さんの目に触れやすくなる)が期待できます。

セルフピンバックについて

上で説明したピンバックですが、実は過去に書いた記事のURLを自分の記事に載せても、ピンバック通知が行われます。

「[◯◯◯(※自分のブログ名) モデレートしてください: “◯◯◯(※記事タイトル)」

件名の末尾に「自分が過去に書いた記事タイトル」が記載されている場合は、自分から自分へのピンバック通知です。

この現象をセルフピンバックといいます。

セルフピンバックの場合は、承認あるいは無視してしまってOKです。

読者さんからのコメントだった場合

読者さんがあなたの記事に対して、感想を寄せてくれている場合もあります。

この場合は以下の点に注意し、問題がないようでしたら承認しましょう。

・記事の内容に無関係ではないか(宣伝やブログ運営者への攻撃)
・変なリンクが貼られていないか
・反社会的な内容ではないか(猥せつな内容や犯罪助長など)

これらをクリアしている場合は、承認してあげましょう。

仮に、上記のようなコメントだった場合はゴミ箱に入れ、公開は避けましょう。

まとめ

「[◯◯◯(※自分のブログ名) モデレートしてください: “◯◯◯(※記事タイトル)」←この内容はセルフピンバックのため承認or無視でOK!
読者さんからのコメントの場合は、内容をよく精査の上承認をしましょう。

コメント