心を掴む文章の書き方

アフィリエイト

「文章を書く」という行為は、単純なようで奥が深いものです。

とかくインターネットサイトという読み手の離れやすい媒体においては「読ませる」文章の作成ほど難しいものはありません。

インターネットサイトは、基本的に読み手側がノーリスクで閲覧できるものですから、読み手としてはいつ読むのをやめてしまってもいいわけです。

こうなってくると、僕らのようなインターネットサイトの書き手(ブログやサイト運営者)にとっては、いかに読み手を掴んで離さないかというのがキモになります。

今回は、読み手の心を掴むための技術をご紹介します。

ペルソナを設定すること

最初にお断りしておきますが、某大ヒットゲームシリーズのことではありません。

ペルソナはもともと心理学用語で、スイスの精神科医・心理学者であるカール・グスタフ・ユングの持ち出した概念です。ペルソナとは周囲との調和のため仮面を被ること、あるいはそれを被らずに周りの人々を苦しめること、その両極性、相反性を表す概念のことです。

アフィリエイトビジネスにおけるペルソナとは、自身のサイトに訪れる「読者像」を作ることです。

例えば、転職についての記事を書く場合、ターゲットとなるのは「転職を考えている層」ということになります。

この転職を考えている層というのを、更に掘り下げるのが、アフィリエイトにおけるペルソナ設定です。

ちょっとイメージしてみてほしいのですが、転職を考えるときってどんなときでしょうか?

・仕事で嫌なことがあったとき?

・人間関係で悩んでいるとき?

・収入に不安があるとき?

・肉体的、精神的な疲労が多いとき?

・やるべきことが膨大で処理しきれないとき?

なるほど、どれも正解ですね。ではこれらをもとに、自身のサイトに訪れるユーザーさんを創って見ましょう。


(例)東京都在住の鈴木さん。現在勤続10年目。専門職だが10年で昇給は2万円のみだった。同年代で同じ職種、別会社の友人との収入は7〜8万円ほどの開きがあり、それがコンプレックスである。友人と飲むときは、見栄を張って友人と同様の金額もらっているということにしているが、嘘をつくことが苦しくなってきている。上司に給与について打診するも、会社の業績が悪いから、とやんわり一蹴されてしまい、同業種での転職を考えている。


設定したペルソナは架空の人物像であり、かなり限定的なようですが、世の中とは広いもので同じような境遇の人は一定数存在します。

ですので、このペルソナ設定した人物像に向けて記事を書くことで、読者さんはまるで自分に宛てて書かれた言葉のようだ…と感じ、記事への没入度が高まるわけですね。

ここでポイントとなるのは、読者像は「◯◯県◯◯市の◯◯さん」というように、あたかも実在する人物であるかのように設定することです。

年齢、職業、家族構成、出自、性格、顔のつくりなど…

可能な限りの人物像を「妄想」してください。

自分の脳内でその人物が動いている様子が、まるで動画のように流れ始めるまで練り込むのがベストです。

文章を書いてみる

ペルソナの設定が完了したら、次は実際に文章を書いてみましょう。

ここで重要になるのが、「設定した人物に宛てた手紙を書く」感覚で文章を書くことです。

先ほども説明したとおり、世の中には色んな境遇の人がいます。ですので、例え個人に宛てたような内容であっても、その文章に心を掴まれる人は必ずいます。

不特定多数の目に触れる可能性のあるものですので、最初のうちは恥ずかしさや恐怖が勝ってしまい、当たり障りのない文章を書いてしまいがちですが、恐れることはありません。

あなたの言葉で文章を書いてみてください。

文章構成なんかは考えなくてもいいです。難しい言葉を使う必要もありません。

文章は書き手の分身です。人の生き方に正解がないように、文章の在り方にも正解はありません。思いっきり書きましょう。

読み手が求めるもの

インターネットサイトというのは、当然ですが書き手の顔が見えません。

写真などを掲載することはできますが、「この写真は本当に書き手なのか」という疑問を突きつけられたら、実証のしようがありませんよね。

ここで重要になるのが文章の力です。

先ほども申し上げたように、文章は書き手の分身です。

書き手の心情や、経験、理想など、その人にしか綴れない言葉を用いて文章を書くことで、インターネット上で掲載される文字群に命を吹き込むことができます。

読み手側はそれを感じ取り、心を掴まれるわけです。

つまり読み手がインターネットサイトに求めるものは、生きた文章ということです

生きた文章を読むことで、書き手の考えに触れ、書き手の人間像を知り、書き手を信頼します。

あなたがあなただけの言葉で文章を作ることは、読者さんとの信頼関係を築く第一歩となるわけですね。

…情報が氾濫している現代では、信頼に餓えている人が非常に多いです。

社会への不信、雇用への不信、企業への不信…

そういったものが高まっている今、人々は信頼の拠り所を「個人」に求めている状態です。

あなたの発信する情報を求める人は、必ず存在します。

あなたの言葉を聴きたい人は、必ず存在します。

あなたの文章を読みたい人は、必ず存在します。

「自分の文章なんて…」と思わず、自身を持って書いてみてください。

あなたの書いた文章で救われる人は必ずいるのですからね。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]