「正しく始めること」の大切さ

マインド

僕は小学生の頃に柔道を習っていました。

始めたきっかけは…なんだったかな。。汗 今となっては思い出せないのですが、何か惹かれるものがあって始めたような気がします。

初稽古の時は「どんなカッコイイ技の練習ができるんだろう」とワクワクしたものです。

テレビで柔道の試合を見ることも多かったので、画面越しでしか見れなかった世界に飛び込んだことに感動していたんですね。

真新しい柔道着の匂いも、僕の心を掻き立てました。

ストレッチ、ランニング、匍匐前進などの準備運動を終えた後、いよいよ本稽古が始まりました。

…そこに待っていたのは、なんとも地味な稽古でした。

柔道経験のある方だとか、体育の授業で行った方はわかるかと思いますが、最初はひたすら「受け身」の練習を行います。

しかも、技をかけられた時の受け身ではなく、座った状態、しゃがんだ状態、立った状態からの受け身です。

傍から見ると、すごーーーく地味な絵面なんですよね。

ただ畳に手をつける音が響きます。

これをひたすら2時間ほど続けて、初日は終わりとなりました。

…カッコイイ技の練習ができると思っていた僕は、不満顔で道場を後にしたのを覚えてます。(今考えると馬鹿ガキですね笑)

稽古は週に3回ほどあったのですが、最初の1ヶ月間は体力づくりと受け身の稽古でした。

技の練習や乱取りを行っている大人たちを羨ましそうに眺めて練習の手が止まり、怒られたのを思い出します。

そんな日が続き、僕が道場に通い始めてから1ヶ月とちょっと経ったあたり、いつもとは違う練習を行いました。

これまで行わなかった、投げられた際の受け身の練習です。

僕は投げられる側ですが、これまで遠くから眺めるだけだった技を、いちばん間近で見られることに感動し、ワクワクしながら稽古に臨みました。

僕が投げられる地点に大きめのマットを設置し、稽古が始まりました。

…投げられるというのは、想像を絶するものでした。

最初ということもあり、やんわりと技をかけられたにも関わらず、視界がぐにゃりと反転する様に気を取られ、受け身が取れなかったのです。

「受け身取れえええ!!」

と、コーチが叫びます。

それもそのはず、今回はマットが敷いてあったので受け身を取らずとも平気でしたが、仮にマットがない場合は大怪我につながる可能性があるのです。

最初の1ヶ月間、ひたすら受け身の練習をさせられたのは、反射的に受け身が取れるようになるためだったのだと、このとき分かりました。

ましてや試合中は、ほら、投げるよ!なんて声をかけてはくれません。

自分の背中が畳につく際に、クセのように受け身を取れなければ、柔道をやる資格がない。と当時のコーチに言われました。

実は後から聞いた話では、このコーチは僕が大人たちの技の稽古の様子を、こっそりと見ていたことに気づいていて、僕が柔道にある種の幻想を抱いていたことを見抜いていたそうです。

そのため、受け身を取らなければどういうことになるのかを教えるため、僕にあのような稽古をさせたそうです。

…いやはや、良い指導者に出会えたものです。

その後、柔道は中学生の時に辞め、以来は様々なスポーツを行ったのですが、この精神は忘れません。

小学生の僕は、柔道に幻想を抱き「正しい始め方」をしていませんでした。

これは致命的なことで、仮に受け身をおろそかにした状態で柔道を続けていたら、今もなお後遺症が残るような大怪我を負っていたに違いありません。

当時は、良い指導者に出会えていたからこそ、そのようなことになりませんでしたが、すべての物事で良い指導者に出会えるとは限りません。

そもそも指導者不在の状況で、自分で技を磨かなくてはならないことだってあります。

もちろん、ネットビジネスの世界も例外ではありません。

情報が氾濫している現代では、余計な情報ばかり目に入ります。1を求めれば、余計な10が返ってくる状態です。

そんな中で、正しく物事を始めるということは一見難しいことのように思えます。

そんなときは、指導者(メンター)を一人設定し、情報を追うようにしてください。

メンターの発信する情報を追い、実践する。それ以外の情報は極力見ない。

これを実践するだけで、みるみる力がつきますよ!

僕はこれがネットビジネスにおける「正しい始め方」なのだと確信しています。

ちなみに僕がメンターとして設定しているのはこの方です。↓

アフィリエイト稼ぐ事に成功!30代で働かずに家族で生活
元飲食店経営(自営)の男はアフィリエイトで稼ぐ事に成功して仕事をやめた!現在は30代にして働かずに家族(妻と子供)で第2の人生を謳歌中!アフィリエイトで稼ぐ事で場所、時間、人間関係、お金の自由が手に入り海外移住も検討中!実はアフィリエイトは誰でも簡単に稼ぐ事ができる!

ネットビジネスの世界においては、良い指導者がひょっこり現れる…なんてことはありません。

自ら探さなくてはならないのです。

それが「正しく始めること」であり、スタート地点です。

僕は橋本雅さんをメンターとしていますが、この方は長い苦労の末、ネットビジネスで真の自由を掴んだ方です。

文章からは人生に苦しむ方への思いやりが感じられ、僕も大いに励まされました。そして同時に、「僕も誰かを救える文章を書きたい」と考え、ブログ運営を始めました。

僕のように、良いメンターとの出会いは、ネットビジネスというものの敷居を大きく下げますし、あなた自身を勇気づけるものにもなります。

もしあなたが、アフィリエイトなどのネットビジネスを始めたいと思っているのであれば、まずはメンターを探してみてはいかがでしょうか?

正しい始め方は、必ず結果につながります。

この記事を読んでくれたあなたが、良いスタートを切れることを願っています(^^)

 

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント