SEO対策とは?SEO対策の「これまで」と「これから」

SEO

SEO対策とは?SEO対策の「これまで」と「これから」

WEBサイト運営を始めると、SEO対策というワードを目にする機会が多くなります。

この記事にたどり着いたということは、SEO対策について知りたい、あるいはSEO対策について知識を深める必要がある、という状況であるかと思います。

今回はそういった方に向けて、以下の3つに分けて解説していきます。

①SEO対策とはなにか
②SEO対策の歴史
③これからのSEO対策

①SEO対策とはなにか

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンにおいて特定のサイトが上位表示されやすくするための技術のことです。

Googleなどと形容していますが、同じく大手検索エンジンのYahoo!は現在Googleの検索エンジンを用いているので、実質対策をするのはGoogleに対してのみということになります。

また、ここでいう特定のサイトとは、サイト運営者から見た自分のサイトということです。つまりあなたが何らかのWEBサイトを運営している場合は、あなたのサイトを検索結果の上位に表示されやすくするためのテクニックということです。

SEO対策はGoogleのアップデートやアルゴリズム変動(Googleが何を基準にコンテンツを選ぶかの基準)により変わってくるため、時代により変わるものとして捉えたほうがいいでしょう。

②SEO対策の歴史

先ほど「SEO対策は時代により変わるもの」と書きました。

では、これまでの歴史の中でSEO対策がどのように変化していったのかを見ていきましょう。

ブラックSEOの横行

2012年以前は、ネット上に貼られたリンクの数が表示順位の指標となっていました。

被リンクが多いということは、それだけ多くの人の役に立っている。という見方をされていたんですね。

ですが現実は違いました。

被リンクの数が多いという基準だけで表示順位を決定していたため、内容のない無料ブログなどを量産し、メインのブログへと誘導する手法が横行していました。

リンクが貼られているサイトやブログを自分で量産し、検索上位を狙うという、自作自演とも取れるテクニックですね。

このような手法を、ブラックSEOと言います。

事実2012年以前はブラックSEOを用いたサイト群が、ネット上を独占していました。コンテンツの内容よりも被リンクの数こそ全て!という考え方が根付いていたため、いくら内容が素晴らしいコンテンツを完成させても、ブラックSEOで稼ぐ人には敵わない時代だったのです。

ペンギンアップデートとパンダアップデート

2012年以前に流行したブラックSEOですが、Googleの施した外規模なアップデートにより、終焉を迎えます。

それがペンギンアップデートとパンダアップデートです。

この2つのアップデートは、Googleが検索順位を決定する際の評価基準を大きく変更するものです。

ペンギンアップデートは不自然な被リンク大量設置に対してペナルティを与え、パンダアップデートでは明らかなコピーコンテンツなどの低品質なコンテンツの検索順位を低下させる役割を持ちます。

これにより、従来までの被リンクに頼ったブラックSEOは通用しなくなり、検索結果の圏外に流されることとなりました

質の良いコンテンツが上位表示されるように

ペンギンアップデートとパンダアップデートにより、それまで脚光を浴びることのなかった本当の意味で読者の役に立つサイトが検索結果の上位を占めるようになりました。

検索エンジンのアップデートとは即ち、検索エンジンが賢く成長するということなので、質の低いコンテンツにペナルティを与え、人々の役に立つコンテンツを優先させるということが可能になりました。

そのため、現在は良質なコンテンツを生み出すことが何よりのSEO対策と言えます。

これからのSEO対策

ここまでSEO対策の歴史を見てきましたが、前述の通りこれからはコンテンツの質の時代です。

というのも、Googleの検索エンジンにおける理念として「人々の役に立つコンテンツを優先的に表示させる」と公式にアナウンスしていますので、Googleとしてはなんとしても良質なコンテンツを上位表示させたいのです。

ブラックSEOのような小手先の手法は今後流行することはないので、コンテンツの質を高めることこそが、時代を問わず通用する最良のSEO対策と言えます。

このように、コンテンツの質に重きを置くことをホワイトSEOと言い、よくブラックSEOと対比して書かれます。

このネーミングからもわかるとおり、被リンクに頼る方法を黒、コンテンツの質を高めることを白としていることからも、この2つの方法のどちらを取るべきかが分かります。

Googleは絶えず検索エンジンの良化に向けたアップデートを繰り返していますが、根底にあるのは「人々の役に立つコンテンツを優先的に表示させる」という考え方です。これは今後覆ることはありませんし、これからもGoogle検索エンジンの指標となります。

そのため、時代により変わるSEO対策の情報を追い続けるよりも、コンテンツの質をいかに高めるかを重視したほうが良いのです。

Googleクローラーに評価されるまでに時間はかかりますが、Googleのアップデートにより検索順位がぐっと下がるといった事態は避けられます。

これから先、WEBサイト運営をする方は、ホワイトSEOを実施し運営を続けることを強くおすすめします。

まとめ

SEO対策とは、自身のサイトを検索結果の上位に表示させるための技術
小手先のSEO技術より、コンテンツの良化を図るほうがいい

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント

  1. […] コピペだけで月収100万! ブログを書くだけで簡単に稼げる! 昨今は人々のネットリテラシー(インターネットコンテンツへの警戒心)が高まり、このようなあからさまな儲け話ほど避けられやすくなっています。   事実、このような甘い言葉で人を釣るような人が行っているのは、まっとうなビジネスではありません。高い金額で中身のない商材を買わされるのがオチです。   残念ながら、こういった詐欺まがいのケースは未だに多く見られます。アフィリエイターとして、非常に残念でなりません。   しかし、それがアフィリエイトの全てだとも思ってほしくありません。まっとうな方法で、人に感謝をされるようなアフィリエイターさんも大勢いらっしゃいます。   この記事を読んでいらっしゃるということは、アフィリエイトというものに何らかの疑念がお有りであるかと思いますので、まずは「ちゃんとした人たちがいるんだな」ということを覚えておいていただければと思います。   …というよりも、2019年現在ではきちんとした手法を用いている人のほうが多くなっています。もちろん、最初に挙げた例のようなケースもあるのでしょうが、数年前に比べると善良なアフィリエイターさんが圧倒的に多くなりました。   理由はとても簡単で、まっとうな方法でないと稼げないからです。   世間のアフィリエイトというものへの認知度が高まりましたし、前述したように人々のネットリテラシーも飛躍的に高まっています。   つまり、怪しいものには近づかない。しっかり調べてから触れる。という人が多くなっているのです。   これは非常に良い変化ですよね。   まっとうでない手法を用いている人は、主に情報弱者(インターネットの知識や警戒心が薄い人)をターゲットにし、中身のない高額な商材を売りつけることが目的のため、人々がそういったものに対しての防御手段を取れていれば、廃れていくやり方なのです。   僕の個人的な考えとしては、これからはもっとアフィリエイトが盛んになると思いますし、善良なアフィリエイターさんが増えてくると思います。   前述したまっとうでない手法を用いた人たちの例は、確かにアフィリエイトの一つの側面でこそありますが、それが全てではありません。   もしこれからアフィリエイトを始めたい、とお考えの方はまっとうな方法でビジネスをすることをおすすめします。   「悪の栄えた試しなし」という言葉がありますが、これはアフィリエイトの世界でも同じです。   人を騙すような手法は、必ず早いうちに限界を迎えます。2012年以前に横行していたブラックSEOが、Googleのアップデートによって一気に廃れたのと同じですね。   詳しくはこちら↓ SEO対策とは?SEO対策の「これまで」と「これから」SEO対策とはなにか?Goog… […]