今更聞けない!GoogleAnalyticsの「〜数」

PC基礎知識

今更聞けない!GoogleAnalyticsの「〜数」

WEBサイト運営者の強い味方GoogleAnalytics

アクセス解析サービスとして、幅広い層から愛されているツールで、GoogleAnalyticsから得た情報を元に、自身のサイトを改善するという用途でブロガー、アフィリエイター、YouTuberなど業種を問わず使用されています。

そんなGoogleAnalyticsでは、自身のサイトについて以下の数値を見ることができます。

①ユーザー数
②セッション数
③ページビュー数

今回はこれら4つの数値の意味を詳しく解説していきます。

①ユーザー数

ユーザー数とは、そのサイトに訪れた訪問者の数です。

例えばAさんという方があなたのサイトへ、1日に3回アクセスしたとします。3回のアクセスこそありましたが、訪問したユーザーはAさんひとりですので、この場合はユーザー数1と数えます。

なお、このユーザー数はブラウザのCookieをもとに算出している為、異なるブラウザ、異なる端末でのアクセスだった場合、別のユーザーとしてカウントされます。

例えばAさんがスマートフォンであなたのサイトへアクセスした後、今度はPCでアクセスした場合、ユーザー数2として数えられます。

②セッション数

まずセッションとは、訪問者がそのサイトを訪問し離脱するまでの時間です。

したがってセッション数とは、述べ何回訪問されたかを表す数字となります。

例えばAさんという方が、朝に1回夕方に1回あなたのサイトを訪問したとします。この場合セッション数2として数えられます。

基本的にサイトから離脱するとセッション切れとしてカウントされますが、GoogleAnalytics上ではセッションについて以下のような例外があります。

30分以上アクションがないユーザー

30分以上アクションがない場合はセッション切れとなり、再度アクションを取った場合は新しいセッションとしてカウントされます。

日付が変わる場合

訪問中に日付が変わった場合は、新たなセッションとしてカウントされます。この場合は、変わる前の日付でセッション1、変わった後の日付でセッション1としてカウントされます。

 

③ページビュー数

ページビュー数はPV数またはアクセス数と呼ばれることもあり、サイト内のページが表示された回数の事を指します。

例えばAさんという方が、あなたのサイトを訪問し3つの記事を読んで離脱したとします。この場合はページビュー数3、セッション数1、ユーザー数1として数えられます。

あとがき

今回、なぜこの内容の記事を書いたのかというと、僕自身がこの辺の知識があやふやで改めて勉強し直したからです…汗

ブログ初心者の頃は、モチベーションの低下につながるため、あまりGoogleAnalyticsを見ないほうがいいとされていますが、この辺の知識はあったほうが後々楽だと思い、このような記事を書きました。

今更聞けない!GoogleAnalyticsの「〜数」

…なんて、煽るようなタイトルですが、これは僕が自分に宛てた言葉だと受け取っていただければと思います。。。いやはやお恥ずかしい…

この記事が、少しでも皆様のお役に立てたのであれば冥利に尽きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント

  1. […] […]