ココがおかしい!日本の教育の変なところ

コラム

人生向いてない…そう感じていませんか?

皆さん、日々のお仕事お疲れ様です。

サラリーマンの方、OLの方、画面の前にいる方がどんな方かはわかりませんが、なんとなく疲れた表情をしているのは想像できます。

あなたは仕事をこなす中でこんなことを感じてはいないでしょうか?

「もしかしたら自分は社会不適合者かもしれない」

「自分には人生は向いてないのかもしれない」

「日本という国が生きづらくて仕方ない」

一度レールから外れること=社会的な脱落と捉えられがちな日本。確かに、こんな考えが根付いていては「ここで不満を感じてはいけないのではないか」と思いがちですよね。

実際、僕も新卒で入った動物医療関係の仕事を、胃に穴があくまで続けました。

では、なにがあなたを辛く、生きにくくさせるのでしょうか?これはあなた自身に欠陥があるわけではありません。

今回は、日本社会での生きづらさとその原因を一緒に見ていきましょう。

なぜ生きづらい?その原因は教育にあり

あなたが感じる生きづらさの原因とはなにか?結論から書きます。それは「日本の教育」です。

日本の教育は、ハッキリ言って異常です。

幼少の頃から周りと同じことを強要され、少しでもそこからはみ出ようものなら、厳しい指摘を受けます。毎日役にも立たない知識を覚えさせられ、目上の者への恭順を試されます。

これができない者へは「お前はろくな大人になれない」だとか適当なことを言って、自分に従うように命令するのです。

こうして個性を殺された少年少女たちは、やがて忠実な従業員へと成長するのです。

ここまで読んでいただいた方はもうお分かりですね。日本の教育は「従業員製造工場」の役割を担っているのです。

実際、教育機関と企業が太いパイプでつながっているなんてことは、よくある話です。

日本の教育はお金の稼ぎ方を教えない

日本の教育は、本当に大切なことを教えてくれません。

その最たるものが「お金の稼ぎ方」です。

僕は文章の力とインターネットに魅力と可能性を感じてこの業界に入りましたが、もちろんこれも学校で教わった知識ではありません。

日本の教育機関で教えるのは、お金の稼ぎ方ではなく良い従業員へのなり方です。

教育機関ごとに毎年の就職率が数値化され、それがいいと「あそこの学校へ行けば大企業への就職ができる!」というようなイメージを持たせることで、教育機関そのものをブランディングしているのです。

教育機関と言っても、教師たちにとっては労働の場です。

教育機関側が儲かってくれることにデメリットはありませんし、生徒が優秀な従業員になればなるほど美味みがあるというわけです。

教育者も労働者です。

生徒たちは個性を殺し、忠実な従業員へと成長することで、教育者たちの懐を温めていたということです。なんとも腹立たしい話ではありませんか。

日本人口の90%が労働者であるという事実

そんな状況にも関わらず、現在の日本人口の90%が労働者で構成されています。

幼少の頃からの洗脳とは恐ろしいもので、多少の違和感や矛盾点を見つけても「これが当たり前だから」で押し殺してしまいます。

おそらくこの90%の人々の中にも、日本の教育について違和感や矛盾点を感じつつも、それを押し殺して働いている人がいるのだと思います。

ここでひとつ主張したいことがあります。

僕は決してサラリーマンの方を馬鹿にしているわけではありません。なにせ僕も現在はサラリーマン業のかたわらブログ執筆を行っているわけですから、馬鹿にする資格なんてありません。それに、どのような物事であっても頑張っている人を悪く言うのは、人としてナンセンスです。

しかし、それでも僕はこの90%からはみ出しそうなあなたに深く共感しています。

「もしかしたら自分は社会不適合者かもしれない」

「自分には人生は向いてないのかもしれない」

「日本という国が生きづらくて仕方ない」

こういった考えがよぎるということは、残り10%すなわち経営者やビジネス所有者になれる可能性を秘めているということですからね。

労働者であることに満足している人には、決してたどり着けない境地です。

90%からはみ出る不安を、10%に滑り込める希望に変えてみて欲しいというのが、僕の本音なんです。

人間には集団帰属欲(※)というものがありますから、すぐには難しいかもしれません。しかし、あなたの人生をデザインできるのはあなただけなのです。国や企業ではありませんからね。

※集団帰属欲=より人数の多い方にいて安心を得たいという、人間の根源的な欲求

あなたが生きづらいのは、あなたのせいじゃない

あなたが生きづらいのは、あなたのせいじゃありません。

そう思わせるものの存在に気がついただけなのです。

これは僕の持論ですが、今の日本社会ではより聡い人、頭の切れる人ほど生きづらさを感じやすいように思います。

周りが盲目的に仕事をしているから、より頭を働かせる人は周囲とのギャップを感じやすいのではないかと思うんです。

あ、これは別に僕自身が頭がいいという自画自賛ではありませんよ!笑

そもそも人はそれぞれの考えを持って生きています。それは人間固有のものではなく、生物としての特性なのです。

それを単一化しようなどというのは、なんともおこがましい話です。いわば生物の営みを冒涜しているようなものですから。

少し話がそれましたが、あなたが現代社会において感じている生きづらさは、もしかしたら何かの起点になるのかも知れません。

新しい環境に身を置くとか、新しいビジネスを始めてみるとか、今はそんなことは考えられないくらいに疲れ切ってるかもしれませんが、少し息を落ち着かせたら自分の人生のデザインについて考えてみてください。

もし、アフィリエイトビジネスに興味がお有りの際は、当ブログを参考にしてみてくださいね。

こちらもあわせてどうぞ↓

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント