【完全版】ホワイトSEO 守るべきルールはコレだ!

SEO

コンテンツの質が求められる時代

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンにおいて自分のサイトを検索結果の上位に表示させるテクニックのことです。

度重なるGoogleのアップデートにより、昨今では被リンクの数よりもコンテンツの質が求められるようになりました。

このように、コンテンツの質に重きをおいたスタイルのSEO対策をホワイトSEOもしくはホワイトハットSEOと呼びます。(当記事ではホワイトSEOと記載します。)

そうは言っても、コンテンツの質を高めるって具体的に何をしたらいいのかわからない…そんな考えの方も多いかと思います。

僕も同様で、当初は何をしたらいいかわからずに、ガムシャラに記事を書いていました。

しかし、ホワイトSEOについて学んでいくうちに、ひとつの結論にたどり着きましたので、この記事にてアウトプットしていきたいと思います。

特に重要なのがWEBライティング技術

ホワイトSEOを行う上で、最も重要になるのがWEBライティング技術だと考えています。ホワイトSEOは別名コンテンツSEOとも呼ばれており、その名の通りコンテンツの質に重きをおいたSEO対策です。

そのため、ユーザーからの見やすさや読みやすさを重要視するWEBライティングとの親和性が非常に高く、ノウハウにも多くの共通点があります。

つまり、WEBライティングの基本をしっかりと押さえれば、ホワイトSEOにも対応できるということです。

それでは具体的なテクニックを見ていきましょう。

Googleクローラが優先しやすいのは?

Google検索エンジン上では、常にGoogleクローラというロボットが、WEB上のデータ収集を行っており、そこで集められた情報を元に検索結果の掲載順位を決定します。

Googleクローラには、端的に言うと「見回りに来る場所の優先度」が設定されており、その優先度順にコンテンツを巡回するのです。

つまり「Googleクローラが巡回に来やすい部分にキーワードを入れるのが効果的」ということになります。

タイトル&見出し

では、Googleクローラが巡回に来やすいのは、一体どこでしょうか?

まず真っ先に巡回するのは、記事タイトルです。これは記事の顔となる部分ですので納得ですよね。

では記事タイトルを巡回した後は、どこを見るのでしょうか?ここは諸説ありますが、僕は記事内の見出しであると考えています。

見出しにはそれぞれ「h1」 や「h2」などの種類があり、数字が若いほど大きな見出しということになります。

クローラの巡回優先度も同様で、大きな見出しつまり若い数字の見出しから巡回をしていきます。(h4 < h3 < h2 < h1)

ディスクリプション

検索結果に現れるディスクリプションも忘れてはいけません。記事タイトルほどではありませんが、こちらもSEOにおいて大きな役割を持ちます。

こちらは全ての端末(スマートフォン、タブレット、PC)で全文が表示されるよう、127文字以内に収めるのがベストです。

キーワードを盛り込んでみる

Googleクローラの巡回傾向がわかったところで、具体的なキーワードの盛り込み方を見ていきましょう。

優先度としては以下のような順番になります。

  1. 記事タイトル
  2. h1見出し
  3. h2見出し
  4. ディスクリプション
  5. h3〜h5見出し(あまり意識しなくてもOK)

この順番に従って、キーワードを盛り込んでいけばOKです。基本的に、上位の項目から優先度の高いキーワードを入れていってください。

1の記事タイトルには2〜3個ほど、

2〜3の見出しには1〜2個ほど、

4のディスクリプションは、文字数が多いため4〜5個ほどのキーワードを意識的に盛り込んでみましょう。

h1タグ(見出し)の複数使用について

ちょっと細かいお話になりますが、h1 見出しを複数個使用した場合はどうなるのでしょうか?

普通に考えると、Googleクローラが巡回する場が増えることで、キーワードのアピールチャンスが増えそうなものですよね。

しかしながら、実際のところはh1タグ(見出し)複数使用によるSEO効果はないとのことで、Googleの担当者がコメントしています。

なお、h1タグの複数自体は問題はないそうです。(ただし過度な使用や長過ぎる文章はNG)

ここは記事のレイアウトやデザインによって変えていきたいところですね。

SDS法とPREP法

こちらは文章構成についてのテクニックです。

WEBライティングの世界では、いい記事=構成の上手い記事と言っても過言ではないほど、構成能力に比重が置かれています。

その中でも多くのユーザーに親しまれる構成方法が、SDS法PREP法という2つの方法です。

詳しく見ていきましょう

SDS法

Summary = 全体の概要
Details = 詳細の説明
Summary = 全体のまとめ

これらの頭文字を取って、SDS法と呼びます。

こちらの構成は、同じ事柄に関して3回のセクションに分けて説明するものです。

その中でも、長くなりがちなDetailsを、Details1(D1)Details2(D2)と分けて書くことで、読みやすさを確保するといった応用も可能です。

結論をできるだけ早く得たいユーザーに好まれる構成です。

PREP法

Point = 結論
Reason = 理由
Example = 具体的な例
Point = 再度結論

これらの頭文字を取って、PREP法と呼びます。

こちらの構成は、ひとつの事柄に関してじっくりと説明したい場合に用いられます。

またこの構成ですと、執筆者自身の体験談や持論などを組み込みやすいため、ユーザーエクスペリエンスに優れた記事を書きたい場合に向きます。


インターネット上の記事は読み手が離れやすいコンテンツでもあります。そのため、ユーザーのニーズに合わせた構成を選ぶのが良いでしょう。

ユーザビリティ(便利さ、利用しやすさ)を重視するならSDS法

ユーザーエクスペリエンス(楽しさ、面白さ)を重視するならPREP法

このように使い分けるのがいいかと思います。

その他の注意点

ここまではWEBライティングテクニックを主にご紹介してきましたが、その他の注意点もご紹介していきます。

詳しくはGoogleの検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドを見ていただけると、知識を深められるかと思います。(かなりボリューミーな内容です)

ユーザーの妨げとなる広告の掲載

広告の掲載自体は禁じられてはいませんが、その掲載場所にはいくつかの制限があります。

例えばユーザーが次のページに移動する際に表示される広告などは、Googleからの評価を下げる要因になるため気をつけましょう。

モバイルユーザビリティを重視する

現代では一人一台が当たり前となったスマートフォン。

インターネットを利用するユーザーのほとんどが、その操作をスマートフォン上で行っています。

このブログのユーザー層も、モバイル端末からのアクセスが6割ほどであることから、その普及の程が分かります。

WEBコンテンツ作成者のほとんどが、パソコンで作業をしているかと思いますが、パソコン上で見るコンテンツとモバイル端末でみるコンテンツとでは大きな違いがあります。

その中でもとりわけ大きいのが文字です。

適度な改行のない文章は、モバイル端末上では冗長な文字列に映ります。

およそ3行ほどを目安に改行を挟み、モバイル端末での読みやすさを確保しましょう。

不必要なキーワードの羅列

俗に言うワードサラダですね。検索エンジンに向けて脈略もなくキーワードを羅列する手法です。

ユーザーにとっては意味がなく、迷惑でしかないため行わないようにしましょう。

あくまでキーワードは、記事タイトルや見出し、本文などユーザーに向けたものの中に含めるものだと意識するようにしましょう。

ブラックSEOとホワイトSEO

ここで少し、SEO対策の歴史について見ていきましょう。

コンテンツの質の時代となって久しいですが、一体どういった経緯を経てここまで来たのでしょうか?その歴史を紐解くことで、これから行うべきではないこと、Googleが忌避することを学ぶことができます。

ブラックSEOの隆盛

検索エンジンが普及して間もないころから、2012年に渡るまでの間はブラックSEOという手法の独壇場でした。

この頃の検索エンジンは、「被リンクの数が多いサイト=より多くの人に親しまれているサイト」という認識をしていたため、自演リンク量産によるSEO対策が主流でした。

この時代はコンテンツの内容は選考対象に含まれていなかったため、とにかく無料ブログなどで自演リンクをばらまき続けるのが早道でした。

言ってしまえば、検索エンジンの穴を突いた攻略法のようなものですね。

ブラックSEOの終焉

猛威を振るっていたブラックSEOですが、ついに終焉を迎えることとなります。

Googleがペンギンアップデートとパンダアップデートという2つの大型アップデートを実施したのです。

名前は可愛いこのアップデートですが、その効果は凄まじくこれまでブラックSEOにより上位を独占していたサイトのほとんどが、検索結果圏外に流されてしまいました。

これにより、ブラックSEOという手法は通用しなくなり、これまで日の目を見なかった上質なコンテンツが上位に躍り出ることとなったのです。

そしてコンテンツの質の時代へ

このような推移を経て、今に至るわけですが、Googleの理念というか検索エンジンの目指すべきところは一貫しています。

「人々の役に立つコンテンツを上位表示すること」

これが簡単に覆ることはないでしょうし、これからもGoogleの理想であることには変わりないと思います。

ブログやホームページなどのWEBコンテンツ作成者においても同様です。

「Googleに向けたコンテンツ」を作るのではなく「ユーザーに向けたコンテンツ」を作ることが、結果としてGoogleに高い評価を受けるのではないかと考えています。

まとめ

ここまでホワイトSEOについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

コンテンツの充実化とひとことに言っても、様々な切り口があるということに気がついたのではないかと思います。

しかしながら、最も注力するべきはWEBライティング技術です。

これは、例えるなら建造物の骨組みにあたる部分です。基本的な記事の構成や、キーワードの組み込み方は本記事でご紹介した通りですので、是非とも実践してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらもあわせてどうぞ↓

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント