【アフィリエイト】継続した人が儲かる2つの理由

アフィリエイト

結果が出るのには理由がある

アフィリエイトはネット副業として比較的ライトな印象がありますが、その実情は泥臭く地味な継続作業が必要となります。

世間では怪しいだとか胡散臭いだとか思われがちなアフィリエイトですが、実際にそれを行っている人からすると、そんな疑念が入り込む余地がないほどの研鑽を重ねているのです。

そんなアフィリエイトの世界でも、やはり稼げる人と稼げない人が存在するものです。

この記事にたどり着いたということは、アフィリエイトを始めてみたはいいけれど、思うように結果が出ないとお悩みなのではないでしょうか?

儲からないしそろそろ辞めようかな…そう思ってませんか?

勉学でもスポーツでも、結果が出ないことを続けることほど根気のいることはありません。

この記事を読んでいるあなたが、どういった状況に置かれているかは存じませんが、「もう辞めようかな」とお考えであるのであれば、少しの間お付き合いをいただきたいです。

辞めたらそこで終わり

当たり前のことなのですが、ブログ運営を辞めたらその次点で更新は止まり、挑戦は失敗となります。

何年か後に再開しようと思っても、辞めた時点での検索エンジンからの評価は持ち越されませんので、当然ながら再度ドメインパワーを高め直していく必要があります。

ここまででGoogleから一定の評価を得ていて、掲載順位は振るわずとも表示はされているのであれば、非常にもったいないです。

経験は糧になるが時間は戻らない 

ここまでブログ継続ならびにアフィリエイトを行ってきた、経験は残るかも知れませんしそれを活かす機会にも出会えるかも知れません。

しかしながら、そこに費やした時間は戻りません。

僕は人生におけるあらゆることは取り返しが効くと考えていますが、時間と命は別です。どう頑張っても取り戻せません。

もうちょっと続けてみませんか

あなたがもし、アフィリエイトをはじめて数カ月の方であれば、今やめるのは非常にもったいないです。

アフィリエイトは人によって結果の出方が違います。

もしSNSなどで、アフィリエイトの報酬が早く出た人を見て意気消沈されているのであれば、どうか気にしないでください。それは忘れてください。

あなたにはあなたのペースがあることを思い出し、今一度ふみだしてみませんか?

この記事では、継続することがなぜ結果につながるのか、僕の勉強した内容をアウトプットしていきますので、「もうひとふんばり」の推進力にしてみてください。

理由その1 ライバルは勝手に消えていく

まずはこちらの表をご覧ください。

引用:日本アフィリエイト協議会 アフィリエイト市場調査2017

これはアフィリエイトを行っている人を対象にしたアンケート結果を、収入別にグラフ化したものです。

このグラフを見て思うことは三者三様ではあるかと思いますが、まずは深く考えず読み進めてみてくださいね。

1万円以上の利益をだせるのは全体の1割ほど

このグラフから、1万円以上の利益をだせるのは全体の1割ほどであることが見て取れます。

その中でも10万円以上の収入がある人は2.3%と、全体の中ではごく少数です。

しかしながら、この数値に対して悲観的な感情を抱いてほしくないというのが僕の本音です。

なぜなら、1万円稼げる人はまもなく10万円稼げるポテンシャルを持っている人だからです。アフィリエイトの収入の伸び方というのは特殊で、ある一定のラインから急に伸び始めることがほとんどです。

過去の成功体験(アフィリエイトで収入を得たこと)から、集客のコツやキーワードの選定能力、記事のレベルが高くなっているため、どうやれば読者を獲得できるか?というノウハウが構築されているのでしょう。

おそらくこのグラフ中の1万円〜3万円未満、3万円〜10万円未満の収入の方たちは、すでに10万円の壁を突破されているのかも知れません。

1割に滑りこむこと

そのため、まずこの1割に滑り込むことが多くの人の目標になるといっても過言ではありません。

大抵の人が、お金が欲しいがために副業を探し、アフィリエイトにたどり着くわけですが、その即効性のなさから辞めてしまう場合がほとんどです。

ここでこのグラフの中の90%の人たちに目を向けてみてください。

収入のない人が約40%

1万円未満の収入の人が約50%

このデータの元となったアンケートに協力してくれた人も、当たり前ですが成長の余地があります。何がいいたいかと言うと、この時点では収入がないor1万円未満の収入だっただけで、その後の取り組み方次第で収入が伸びているかも知れない。ということです。

残念ながら、2017年分が最新となっているためそれ以降のデータはありませんが、ある状況を切り取っただけのデータですので、その後も状況は変化し続けていることを忘れないでいただきたいのです。

やめる人始める人の存在

状況の変化の最たるものが、アフィリエイトをやめる人と始める人の存在です。

おそらくですが、このグラフの中の収入がないor1万円未満の収入の人たちの中の何割かは、アフィリエイトに見切りをつけて辞めてしまうでしょう。

しかし、その間にも続々と新規参入する人がいるわけです。

するとどうなるかと言うと、結果的に収入がないor1万円未満の収入の割合はあまり変わらないということになります。

当然始めたばかりでは収入がない状況が続きますので、このグラフで言うところの収入がない層に属することとなります。

稼げる人=結果が出るまでやった人

先ほども書きましたが、このグラフはあくまでアンケート集計当時の状況を切り取っただけのものです。

このグラフが公表されたときには、10万円以上の層に属する人がアフィリエイトを辞めてるかも知れませんし、3万円〜10万円未満の層に属する人が、10万円以上の収入を得るまでに成長しているかも知れません。

アフィリエイトについての集計やグラフ化したものなどを見ると、どうしても稼げている人の割合の少なさに辟易してしまいすが、これらはすべて一過性のデータであることを念頭に置いていただきたいのです。

仮にこのアンケートに協力した人とまた違う人たちから集計すると、当然違った結果になるわけですから、なんとも不安定なものですよね。

それに、アンケートを受けてない10万円以上の収入がある人も必ずいるわけです。

さて、グラフと集計の妙をお話したところで、基本的な部分が見えてきました。

稼げる人=結果が出るまでやった人 ということです。すなわちグラフ上の1万円以上の収入がある層10%は継続した人の層ということです。

当然ながら10万円以上の収入がある人も続けたからこそこの境地に至ったのです。

続けるだけで競争相手が消える

僕らが継続して取り組んである間にも、アフィリエイトに見切りをつけてやめる人は必ずいます。

特にこちらがなにかしなくとも、続けているだけで勝手に競争相手が消えてくれるわけです。(言い方が悪いですが…)

グラフを使って説明しておいてなんですが、こういった集計データなどは先ほどもお話したとおり一過性のものなので、あまり鵜呑みにしすぎないようにしてください。

ただ継続していればいいのです。それができずに辞めていく人のほうが多いのですから、それだけで差がつけられますよ。

理由その2 ドメインパワーは確実に強くなってる

記事を書き、ブログの内容が充実していくことで、検索エンジンからの評価(ドメインパワー)が高まります。

はじめて間もない段階では実感しにくいかも知れませんが、Googleは人々の役に立つコンテンツをきちんと判断しています。

あなたの書く1記事1記事が無駄にはなっていないと言うことです。

見向きもされないなんて当たり前

始めたばかりのころは、読者さんからの反応がないなんて当たり前です。

TwitterなどのSNSで集客をするも、流入がほぼないなんてこともよくあります。

しかしながら、これらの経験も無駄にはなっていません。

Googleは公平に見てくれている

Googleは記事の更新が頻繁に行われているサイトを、活発なサイトとして認識してくれます。

すなわち、たとえ誰にも読まれていないような記事でも、Googleへのアピールはできているのです。

もちろん、いきなり上位への表示を行ったりはしませんが、何日かおきに更新するよりも頻繁に更新したほうが、Googleへ与える印象は良くなります。

生きたブログだと知ってもらう

こうして生きたブログだと認識し続けてもらうことで、必ず訪問者数は多くなります。

今はまだ実感できないかも知れませんが、今行っている作業が日の目を見る瞬間があります。

その時が来るまでは、泥臭く地味ではありますが作業を継続してみてください。

きっとやっててよかったな…と思える日が来ると思います。

まとめ

ここまで長々と書きましたが、これを書いている僕自体、現状アフィリエイトでドッカンドッカン稼いでいるわけではありません。

なのでここで書いた内容は、ある意味自分へ向けた言葉でもあります。

アフィリエイトについてのネガティブな情報や他の方の成果報告など、やる気を削ぐような情報はどんどん入ってきてしまいますが、どうぞ気にしないでください。僕も気にしてないです。

しつこいようですが、あなたにはあなたのペースがあります。

3ヶ月以内に報酬がなきゃやめたほうがいい!なんて言う人もいますが、そんなルールはありません。4ヶ月後には報酬が出るかも知れませんしね。

僕はできるだけ孤独になって作業をしていますが、自分のブログだけに集中できてとてもいいですよ。

周りの人間は無責任にあれこれ言うものですから、「なんだようるせーな」くらいに聞き流して、自分のペースでいきましょう。

やっててよかったな。と思えるその日まで、一緒に頑張っていきましょう。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント