何が「アフィリエイトは怪しい」と思わせるのか考えてみた

アフィリエイト

アフィリエイトは怪しい…のか?

突然ですがGoogleサーチコンソールでは、読者さんが「どのワードで検索してこのサイトにたどり着いたか」を見ることが出来ます。

昨日確認したところ「アフィリエイト 怪しい」と検索し、このブログにたどり着いている方がいるではありませんか!

いかんいかん、こんなことではいかん。アフィリエイトは怪しくないですよ!ということを知らしめねばならない!

そんな勝手な使命感で、この記事を書いています。

そもそも、なんでアフィリエイトは怪しいなんて言われてしまうんでしょうか…?ちょっと傷ついたので、その理由をじっくり考察してみました。

昔は怪しかったかも

いきなり手のひらを返すようですが、昔のアフィリエイト手法は怪しい…!と言われても仕方なかったかもしれません。

僕がアフィリエイトを本格的に始めたのが2019年の10月からですが、アフィリエイトの歴史を勉強していく中で「あぁ、確かにこれは怪しいわ」と言わざるを得ない事実がありました。

ブラックSEOでズルの代名詞に

なんと言ってもブラックSEOです。これは検索エンジンの穴を突いた攻略法ですね。

ゲームで言うところの裏技やバグ技の類です。

DQ5のひとしこのみ、ロマサガ3の指輪転がしみたいなものです。

2012年以前のGoogle検索エンジンは、被リンク数のみを基準にして検索順位を決めていたため、無料ブログなどで自演リンクを大量生産する手法が流行りました。

インターネット上には中身のないコンテンツばかりが転がってた時期です。

この時期にこのブラックSEOを用いて荒稼ぎした人たちが、自身の豪遊ぶりをSNSにアップするなどして一気にアフィリエイトの認知度が高まったように思えます。

それを見た人たちが「インターネットだけで稼ぐなんてズルい」という感情を持ったのは想像に難くありません。

ズルい⇒怪しいへと変化?

一気に多額の金を荒稼ぎできると言われた時、並の神経の持ち主はそれを疑います。

「絶対に勝てるギャンブルがあるんだよ!」
「これから伸びる株式銘柄があるんだよ!」
「タコの養殖事業がキテるよ!一口100万円からで、10倍になって返ってくるよ!」

うーむ、どれも怪しさ満点ですよね。

アフィリエイトで荒稼ぎした人に対しても、ズルいなぁ⇒そんな方法本当にあるの?⇒怪しいといった推移で感情が変化したのかも知れません。

今は怪しくないのか?

一昔前のアフィリエイトは確かに怪しさ満点でした。

僕はどちらかというと、アフィリエイトに対してはポジティブなイメージがあるのですが、そんな僕でも擁護できないくらいの怪しさです。

では、今のアフィリエイトはどうなんでしょうか?

ズルはできなくなった?

現在はコンテンツの質で検索順位を決定されるため、ブラックSEOのようなズルはできなくなりました。

一応、被リンク数も評価基準には入っていますが、あくまでコンテンツの質あってこそといった感じです。

あからさまな自演リンクはペナルティの対象となりますし、ブラックSEOはもう終焉を迎えたと言っていいでしょう。

今はコツコツと良質なコンテンツを量産し続けた人が稼げます。

そういった意味では、もうズルはできなくなったとみて間違いありません。

グレーゾーンなサイトも…

それでもゲーム攻略情報系のまとめサイトでは、グレーなサイトが見られます。

大もとのスレッドからコピペした、短いやり取りを掲載するだけの記事が多く見受けられます。ばっちり広告も掲載しています。

…なんといいますか、あからさまなアフィリエイトだな。という印象です。ゲームの攻略情報を求めて訪れた人も、堂々と貼ってある広告を見て「あぁ、アフィリエイト目的か…」となってブラウザバックしそうです。

こういった中身のないコンテンツが存在している以上は、アフィリエイト怪しい。というイメージの完全払拭は難しそうです。

まとめ

さて、まとめです。

アフィリエイトは怪しいのでしょうか?

…………………………………

あくまで僕個人の感想になりますが、アフィリエイト自体は怪しいビジネスでないと考えています。

そうでなければここまで真剣になれてませんしね。

ただ、アフィリエイトは怪しくなくても、それをやっている人が怪しいことをすれば「アフィリエイト怪しい!」と思わせてしまうのではないかと思います。

前述したまとめサイトの件もそうですが、アフィリエイトそのものは至極まっとうな方法で金銭を得る方法です。しかし、それを利用して欲望丸出しのWEBサイト運営をしてる方がいる以上は、アフィリエイトが怪しいと思われても仕方ないと思います。

アフィリエイトそのものに罪はありません。アフィリエイトはあくまで、ハサミとか鉛筆のような道具です。

それを用いて人に害をなすのか、正しい使い方をするのかは持つ人の裁量に委ねられます。

…アフィリエイトで安易に稼ごうという人がいる以上、その怪しさを完全否定は出来ませんが、せめて僕の持っているサイトはそのようなことのないようにしたいな。と思いました。

ちょっと小学生の作文っぽい終わり方ですが、以上です(^^)

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント