正解は?ブログ記事の文字数、何文字がBESTなのか!?

アフィリエイト

アフィリエイトブログの最適文字数は…

ブログアフィリエイトをしている方にとって、より読まれる記事を作成することは最優先事項と言えます。

しかし、人の関心とは日々移ろうものですし、インターネットコンテンツという読み手の離れやすい媒体においては、人の心を掴んで離さないコンテンツ(記事)を作成することはとても難しいことです。

特に皆様を悩ませるのは、ブログ1記事の文字数なのではないでしょうか?

長すぎてもだめ、短すぎてもだめ。では一体何文字がBESTなの?

そんな疑問を抱いてはいませんか?今回は、ブログ1記事あたりの文字数について、ユーザー獲得のしやすさという観点から見ていきましょう。

ブログ記事の文字数に決まりは?

以前、別の記事でも書いていましたが、ブログ記事の文字数に決まりや制約はありません。

ブログ記事の文字数について書いた過去記事↓

これは、アフィリエイトをしていようとしていなかろうと一緒です。

極端な話ですが1単語、1文字だけでもいいわけですし、100万文字でもいいわけです。

文字数が少なすぎると…

ブログ記事の文字数に決まりはないとしても、1単語ぽつんと書かれた意味不明な記事が、読者の心をつかめるはずがありません。

せいぜい前衛的な現代アートか何かか?と疑問を抱かせるだけです。

また、短すぎる記事はSEO的にも不利です。文字数がない=内容がない(薄い)ということになるため、役に立つ情報を上位表示させたいGoogleとしては、取り上げる価値がないと判断されかねません。

文字数が多すぎると…

逆に100文字ものボリュームがある記事の場合、当然ですが読むのが大変です。

特に現代ではスマートフォンでインターネット記事を読むのが主流ですので、膨大な量の記事をスマートフォンを何度もスクロールして読ませるのは、不可能と言っていいでしょう。

きっと読んでる人の指が擦り切れるのが先です。

文字数が多すぎることは、SEO的にもデメリットになります。ページ滞在時間がGoogleの評価基準となっている(あくまで有力説ですが)ため、途中で読むのをやめてブラウザバックされるような記事は書くべきではありません。

ちょっとイメージしてみてください。ページを開いた瞬間にズラッと並ぶ文字郡と、途方もないスクロールバーの長さを目の当たりにした読者はどう思うでしょう?

「うわ、この記事なっが!読むのやめよ!」

こう考えるのは当然ですよね。

読まれやすい文字数は?

短すぎも長すぎもだめ…では、このルール無用のブログ記事という無差別級マッチに勝利する手段はあるのでしょうか?

それを追求するためには、読者が難なく読める、または途中で読むのをやめづらい文字数を考える必要があります。

このブログの場合は?

今運営しているこの「できアフィ」の記事ですが、GoogleAnalyticsでよく読まれる記事を確認したところ、2000文字前後の記事が多く読まれています。

僕は自分のブログをスマートフォンでも確認しているのですが、確かに日本で出回っている液晶サイズのスマートフォン(5インチ~7インチくらい)では、これくらいの文字数がちょうどいいのかも知れません。

ちなみに、サイト流入デバイスは50%ほどがスマートフォンです。この結果からも「スマートフォンで閲覧した時の見え方」を重視するべきだということがわかります。

5000文字~は内容次第?

僕が過去に書いた記事で6000文字以上のものがあるのですが、パソコンで読む限りはそこまで長い印象は受けません。

しかし、自分のスマートフォン(約5.5インチ)で確認したところ、とんでもなく長く感じました…。

その6000文字の中に知りたい情報があって、なおかつ読み手を飽きさせない文章力があればとてもいい記事なのかも知れません。

ですが、それらがなければ読む人にとってはただの冗長な文字列となってしまい、「読むもの」から「見るもの」になってしまいます。

つまり、5000文字を超過する文章を書く場合は、きちんとターゲットを定め、ペルソナを設定した上で書く必要があります。

これはどんな記事を書く際も行うべきことではありますが、長文を書く場合は特に入念に行うべきことだと言えます。

まとめ

少なくとも僕の見立てでは、およそ1000文字~3000文字、特に2000文字台の記事がよく読まれる文字数です。

しかしながら、テーマとしているものや意識するキーワード、専門性にもよって変動してきますので、一概にこれが正解!とも言えないのが悔しいところです。

しかしながら、2000文字はスマートフォンで閲覧することを想定すると、非常に目障りが良い文字数ですので、ブログ記事作成時の参考にしてみてください。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント