危険!?「フロー収入=正義」の風潮と労働収入の危うさ

マインド

フロー収入に潜むリスク

僕らが毎日の労働で得ている給与。

実はこの「給与」という金銭の得方には、とてつもない危険性が潜んでいることをご存知でしょうか?

一見すると、真面目に働いてお給料をもらい、それを頼りに生活するという生き方は、人間のあるべき姿のように思えます。

しかしながら、その考え方は「そう思ってもらったほうが国にとって都合がいい」から幼少時からそう植え付けられてきたのです。

先に断っておきますが、僕は陰謀論者ではありません。今から書く内容は、ありのまま日本人労働者の危険性を示唆するものです。

今の生活に少しでも違和感を感じているのであれば読み進めてみてください。きっとすっきりするはずです。

日本人はフロー収入に頼りきり

フロー収入とは

フロー収入(flow)=流れを意味し、それにともないフロー収入とは「一定の期間の中で流動する金銭」を意味します。

こう書くとやや難しいので、身近なもので例えると労働所得のことです。

毎日の労働という流れの中で生じる金銭。同時に労働という流れを滞らせると発生しなくなる金銭でもあります。

つまりフロー収入とは、何らかの対価(物資や労働力など)を提供することで金銭を得る方法です。

日本人の90%が労働者

皆さんのお知り合いの中で、労働者でない方はどれくらいいらっしゃいますでしょうか。

例えば会社経営者や不動産オーナー、印税収入を頼りに生活している人。

恐らく、そんな方が知り合いにいる方は、そう多くはいらっしゃらないはずです。

それもそのはず、日本人の90%がフロー収入(給与所得)のみを得て生活している労働者だからです。

もちろん、労働者が悪だとか劣っているというようなことは言いません。現にこれを書いている僕も労働者です。

しかしながら「労働所得のみに頼りきりになること」の危険性に目を向けてみていただきたいのです。

日本の安定神話

子供に頃にこんなことを言われませんでしたか?

「勉強していい学校を出て、いい会社に就職して、安定した生活を送るのがいちばんだよ。」

先生や親、周りの大人たちから誰もが言われたセリフです。

結論から書きますが、こんなものはデタラメです。なぜなら、フロー収入(労働所得)のみに頼っていては、その月暮らしで貯金も出来ず、経済的に困窮する未来が待ち受けているからです。

実際にこの通りの人生を歩んできた僕の友人(既婚者)も、毎月の生活費や各種ローンの返済で、手放しに安定した生活とは言えない日々を送っています。

僕自信も、比較的大きな外資系企業に勤めていますが、この給与所得だけで完全な安定を手にできるイメージが湧きません。

ましてや、今や日本の年金システムは破綻し、機能していないも同然です。

結局は、子供の頃に聞いた「安定神話」は、国が忠実な労働者を確保したいがための方便なのです。

大人は子どもたちに「労働はあくまで金銭を得る手段のひとつ。稼ぐ力は自分自身で身につけなさい。」と教えるべきです。

「労働者でいる」ということ

「労働者でいる」ということは、日本人にとって当たり前のことのように思えます。

しかし、それは同時に「自身の金銭的価値を他者に委ねている状態」でもあります。これは非常に危険ですし、なにより屈辱的ですよね。

会社にとってあなたの代わりはいます

きっとあなたには大切な人がいて、その人にとってのあなたもまた、唯一無二のかけがえのない存在であることでしょう。

しかし、企業からみたあなたはいつでも替えの効く人材です。敢えてはっきりと書きますが、この世に存在するほとんどの労働者は、いつ捨てられてもおかしくありません。

もちろん僕もそうです。

それにも関わらず、この不安定なフロー収入に頼りきりで、他の収入獲得手段に目を向けようとしない人は、あまりにも危険です。

倒産、減給、未払い…リスクはたくさん

給与は、会社の裁量によって定められたものです。

そのため、極端な話会社側が「給与払いません」となれば、突然無収入になることもありえます。もちろん、そのような行いが許されるはずもないのですが、法的なリスクを度外視して、経営陣がヤケクソになることもありえます。

会社役員や経営陣も人間ですからね。人間が関わる以上は、なにが起きてもおかしくありません。

他者の裁量によって決められる性質のフロー収入は、そういったリスクも抱えているのです。

忠義を尽くすべきは…

今一度考えてみてほしいのですが、あなたが忠義を尽くすべき相手は、今いる会社ではありません。

あなたの人生そのものです。

どうしても日本人は、所属している会社の繁栄=自分の人生の繁栄と捉えがちですが、そうではありません。

会社にそこまで期待してはいけません。会社とはあくまで労働のために利用する「物」なのです。

畏れ多いと感じるかもしれませんが、この記事を読んでいる真面目なあなたはこれくらいがちょうど良いのです。

ストック収入の構築を考える

はっきり申し上げて、今の日本では性別や能力に関わらず、労働者階級の立場は低いです。

いや、厳密に言えば「労働収入だけを頼りに生きている人」と定義づけるべきでしょうか。

こういった層は、労働者でいることのリスクを理解していません。あるいは理解はしているが、行動に移していないのかもしれません。

批判を恐れず書きますが、それは非常に愚かなことです。

ストック収入の優位性

よくフロー収入の対義語として書かれるストック収入ですが、こちらはその名の通り「蓄積する収入」のことを指します。

フロー収入は対価を差し出し金銭を得る、一過性の流れのある性質なのに対して、ストック収入は自身の所有する収入構造から、累積する安定収入を得るというものです。

このストック収入はフロー収入と違い、こちらが対価を差し出す必要はありません。

収入構造そのものを所有しているのが前提ですので、継続した収入を得ることが可能です。

収入構造の獲得

しかしながら、その「収入構造を築き上げる」ことが最も難しいのです。これが簡単に出来てしまえば、世の中お金持ちだらけになりますからね。難しいのも当然です。

収入構造を得るための最も手っ取り早い方法は、アフィリエイトビジネスです。

僕の知る限りでは、もっとも少資本かつ参入しやすいビジネスです。

不動産オーナーになるには、当然ながら何らかの不動産を手に入れる必要がありますし、大企業の経営者になるためには、膨大な時間と労力が必要になります。あなたが御曹司であればお話は別ですが、もしそうであればこんな記事は読んでいないですよね。

したがって、少資本かつスキルなしでも参入可能なアフィリエイトビジネスこそが、僕らのような一般人がストック収入を得るためのただひとつの方法なのです。

まとめ

フロー収入の優位性は時代とともに衰退してきています。これからはストック収入を制する人間が幸せになる時代です。

労働だけで収入を得るのは、非常にリスキーな時代です。

そもそも、フロー収入だとかストック収入だとかという言葉は、経営ノウハウや不労所得の構築に興味がないと目にしない単語なので、今日この言葉に触れられたあなたは、周りの人よりひとつ抜きん出た存在になったと言えます。

今一度、ご自身の人生に関して何が最善なのか考えてみてください。ストック収入の足がかりとして、アフィリエイトビジネスは最適なポテンシャルを持っているので、興味があればこのブログを参考にしてみてくださいね。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント