アフィリエイト記事の文字数は過剰に気にしなくてOK

アフィリエイト

ブログ記事の文字数に決まりはない

アフィリエイトを始めてみたけど、1記事あたりの文字数をどれくらいにしたら良いかわからない…。

これはアフィリエイト初心者によくありがちな疑問です。

かく言う私もブログを始めたてのときは、この疑問にぶち当たりました。

まず先に結論を言ってしまうと、ブログ記事の文字数に決まりはありません。しかしながら、最低限守っておきたいルールは存在しますので、そこだけは忘れないようにしましょう。

今回はブログ記事を作成する上で気をつけるべきポイントと、1記事あたりの文字数との関係性を見ていきましょう。

タイトルに対しての答えがあるか

前述したとおり、ブログ記事の文字数に厳密な決まりはありませんが、記事タイトルの答えにあたる部分があるか否かは非常に重要です。

例えば「これでハゲ知らず!医師推奨の最強育毛法とは?」というタイトルの記事があったとします。

このタイトルからは「ものすごい育毛法があるのでは…?」という印象を受けますし、現状薄毛で悩む人はそれを期待して記事を読み進めます。

しかしながら記事中には育毛法の紹介などなく、記事執筆者の経験談のみだったとしたらどうでしょうか?

「ものすごい育毛法」を期待した読者は盛大な肩透かしを食らってしまいますよね。

このように、読み手側に対して適切な情報の開示ができていないことには記事として成り立ちませんし、文字数以前の問題なのです。

答えさえ明確にしていればどんな文字数でもOK

反面、タイトルに対しての答えが明確で、読み手の興味を引くような文章であればどんな文字数でもOKということなります。

つまり、文字数はどうしたら良いか?という疑問よりも、どうしたら良い記事になるか?という疑問を先に持つべきなのです。

結局のところ、読者としては記事タイトルに惹かれて記事を読みますので、その内容に魅力を感じなければ離れていってしまいますしね。

そうなればどれだけ頑張って書いた記事でも無駄になってしまいます。それは非常にもったいないことです。

Googleも推奨している

Google検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドにも以下のような記載があります。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツは事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを要します。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

避けるべき方法:

コンテンツが不足しており、ページの目的が果たされていない。

引用元:Google検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

この記載では料理のサイトを例としていますが、要約すると「料理のサイトであれば必要な食材だけでなく、手順も載せてくださいね」ということです。

料理のサイトを閲覧する人は、大抵が「料理の作り方」を学びたい人です。この「料理の作り方」には必要な食材や調味料の分量、処理の仕方、調理方法が含まれています。

チャーハンを作るために必要なのは、ご飯、たまご、玉ねぎ、塩コショウです!さあ、作ってみましょう!…などという乱暴な情報発信の仕方は、Googleの意向に添いませんし何より読み手にに対して不親切です。

そのため、まず何についての記事なのかを明らかにし、それに対しての答えを用意した上で記事を組み立てるのが大切なのです。

ちなみに、Google検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドでも記事の文字数に対しての記載はありません。

Googleとしては「文字数云々よりも人々の役に立つ記事を書いてよ!」というスタンスなのですね。

マルチデバイスに向けた工夫と文字数

ブログ記事の文字数に決まりはないとはいえ、冗長な文章を何万文字も書き連ねるのはナンセンスです。(そこまでの労力を消費するメリットもないですしね)

Googleとしては、とにかく人々の役に立つコンテンツを表示させたいので、その記事に救われる人がいるのであれば、どんなボリュームの記事でもいいわけです。

しかしながら、インターネットコンテンツというものは得てして読み手が離れやすい媒体です。ノーリスクで閲覧できる分、いつ読むのをやめてももったいなくないわけですから、それも当然のことなのですが、せっかく書いた渾身の記事が読まれないのは悔しいですよね。

では、より多くの人に読んでもらう工夫として、どんなことができるでしょうか?

モバイルユーザーを意識する

いまや一人一台が当たり前となったスマートフォンですが、そのスマートフォンを用いてインターネットを利用するのは当然の時代になりました。

インターネットを利用するユーザーのほとんどが、スマートフォン等のモバイル端末からのアクセスです。

そのため、モバイル端末からのアクセスを想定したコンテンツづくりが必要となります。そこで比較的簡単に工夫を施せるのが1記事あたりの文字数です。

どの媒体でも読みやすい文字数は?

当然ですがパソコンとスマートフォンでは一度に表示できる文字の量が違います。

そのせいかパソコンで作業をしていると、スマートフォンで閲覧した時に読む気が削がれるほどの量の文章を打ちがちです。

しかしながら、モバイル端末からのアクセスを想定したコンテンツを作るのであれば、そのボリュームを2000文字~3000文字に抑え、所々に画像を入れるなどの視覚的緩急を作るといいでしょう。

この文字数は、実際にモバイル端末から閲覧した際は、長すぎも短過ぎもせず非常に目障りが良いです。

文字数は二の次。まずはコンテンツの充実化を

アフィリエイトブログの文字数を気にする人に向けた記事でしたが、あまり文字数は気にしなくていいという旨を書きました。

とはいえ全く気にしなくていいというわけではなく、優先度は今よりも下げてもいいという意味合いです。

やはり面白いコンテンツがあってこその問題ですので、まずはあなたが今書きたいことをどう魅力化するか?をいちばんに考えましょう。

そうすることで前述した2000文字~3000文字という文字数は、やすやすと書けるようになっているはずですよ。

↓↓↓この記事が皆様のお役に立てたなら、クリックしていただけると幸いです。

コメント